【イベント案内】知りたい!覗いてみたい!構造設計者の頭の中 | 【知のシリーズ】第五弾(2018/06/28)

【知のシリーズ】第五弾「知りたい!覗いてみたい!構造設計者の頭の中」

◎日時
平成30年6月28日(木) 午後1時30分~4時30分  (受付1時より)
◎会場
大阪府建築健保会館
  大阪市中央区和泉町2-1-11 電話06-6942-3622
  >>地図:http://bit.ly/2FhW4mS
◎定員
70人(定員に達し次第締め切らせて頂きます)
◎受講料
会員 4,000円
  建築積算士 5,000円
  一 般 6,000円
◎講師
山浦 晋弘氏
 (株)安井建築設計事務所 大阪事務所構造部長
◎講師略歴
 昭和59年3月 大阪市立大学大学院工学研究科(建築学専攻)修了
 同年4月 株式会社安井建築設計事務所入社、現在構造部長
 平成29年6月より(一社)日本建築構造技術者協会 関西支部長
 著書「直感で理解する!構造設計の基本」(学芸出版社)
 「直感で理解する!構造力学の基本」(学芸出版社)
◎講習内容 1.構造力学の世界を覗く
(1)実は皆、力学を知っている (2)力のはなし (3)力と安定のはなし (4)応力と変形のはなし (5)直感で理解することの大切さ
2.構造設計の世界を覗く
(1)安全のはなし (2)構造設計とは (3)地震/風のはなし (4)設計はおはなしから (5)設計の醍醐味
3.ひとと技術
※資料は講習会会場で配布致します。 (内容は多少変更する場合があります)
◎詳細・申込み
http://bit.ly/2KhkaC8

構造設計者は建物の安全性は当然のことながら時にはデザイン性も求められる。建設コストでも約1/3を占め、コストダウンの時には真っ先にその対象になる。
このように常に難しい立場に立たされている構造設計者はどのようなことを考えて設計しているのか?
そして意匠設計者、積算担当者に対してどのように思い、感じているのか?
普段なかなか聞くことのできない考え方や思いを実際の事例や経験談を交え話してもらう機会を設けました。
講師には構造の専門家でなくても非常にわかりやすいと評判の「直感で理解する!構造設計の基本」、その第二弾となる「直感で理解する!構造力学の基本」の著者としてもご活躍されている山浦晋弘氏をお迎えし、たっぷりとお話をしていただきます。
構造の苦手な方、構造の基本的なことを学びたい方など、普段なかなか構造のことに接する機会の無い方にとっても面白く聞くことのできる講習会となっています。皆さんふるってご参加ください、心よりお待ちしています。

◎関連書籍

『直感で理解する!構造設計の基本』

著者の実務家・教員としての豊富な経験をもとに、設計者としての心得から構造計画、設計、施工に至るまで、実務で押さえておくべき項目や設計上の盲点(落とし穴)を、難しい数式を用いず、手描きのイラストや写真、図表と平易な文章で直感的に理解できるよう解説。構造設計の基本的な考え方と設計のセンスが身につく一冊。

山浦晋弘 著 日本建築協会 企画
A5判・216頁・本体2400円+税
http://bit.ly/2Khk7Gs

『直感で理解する!構造力学の基本』

楽しい手描きイラストとわかりやすい文章が好評の「直感」シリーズ第2弾。著者の建築実務家・教員としての豊富な経験をもとに、建築を学び実務に当たる上で知っておくべき構造力学の基本をやさしく解説。「構造力学」の先にある「構造設計」の魅力が見えてくる一冊。一級建築士試験にも役立つ「力学問題アラカルト」付き。

山浦晋弘 著 日本建築協会 企画
A5判・216頁・本体2400円+税
http://bit.ly/2JqYrGn

◎関連書籍◎
『直感で理解する!構造設計の基本』山浦晋弘 著 日本建築協会 企画 / 実務の考え方と設計のセンスが身につく一冊 / http://bit.ly/2Khk7Gs

広告

【イベント案内】ブックフェスタオープニングトーク | まちライブラリーブックフェスタ2018 in 関西(2018/04/28)

まちライブラリーブックフェスタ2018 in 関西
ブックフェスタオープニングトーク【まちライブラリーブックフェスタ】

4月28日(土)から5月27日(日)まで、関西のあちこちで本と人が出会うイベント「まちライブラリーブックフェスタ2018 in 関西」が開催されます。4回目の今年は143ヶ所にて、282のイベントが実施予定です。
そのオープニングイベントをまちライブラリー@もりのみやキューズモールBASEにて開催!
スペシャルゲストに作家の増山実さんをお迎えしてのトークショーを行います。

●ゲスト
【増山実氏】
1958年大阪府生まれ。同志社大学法学部卒業。放送作家として、関西の人気番組「ビーバップ!ハイヒール」(朝日放送系)のチーフ構成などを担当。2012年、『いつの日か来た道』で第19回松本清張賞最終候補に。2013年、同作を改題した『勇者たちへの伝言』でデビュー。同作は2016年、「第4回大阪ほんま本大賞」を受賞。他の作品に2020年東京オリンピックを題材にした『空の走者たち』。昨年6月発売の最新作は宝塚の老舗イタリアン・レストランを舞台にした『風よ僕らに海の歌を』。

【橋爪紳也氏】
大阪府立大学観光産業戦略研究所 所長、同大学院教授
まちライブラリーブックフェスタ2018in関西実行委員長

【礒井純充】
まちライブラリー提唱者

●司会
【加美幸伸】FM COCOLO DJ

【日時】4月28日(土)18:30-20:00
【会場】まちライブラリー@もりのみやキューズモールBASE
【参加費】無料(カフェにてご注文をお願いいたします)
【申込・お問合せ】machi.bookfesta@gmail.com
【イベント主催】まちライブラリーブックフェスタ2018in関西

◎まちライブラリーブックフェスタ2018 in 関西
http://bit.ly/2HsrgBV

◎オープニングトーク
http://bit.ly/2HKvFn7

◎関連書籍◎
『本で人をつなぐ #まちライブラリー のつくりかた』礒井純充 著 / どこでもできる!「みんなでつくる図書館」 / http://bit.ly/2Jr97oF

【イベント案内】設計者・施工者のための 集合住宅の騒音防止設計入門 | 建築士法第22条の4第5項に基づく建築技術講習会(2018/06/20)

設計者・施工者のための 集合住宅の騒音防止設計入門

集合住宅では、屋外の道路交通騒音や鉄道騒音が伝搬してきます。また、壁や床などを介して隣人の住居と接して住んでいるので、特に生活騒音が聞こえやすい環境になっているのが実情です。さらに、設備騒音が居室へ伝搬することがあります。良好な音環境を実現するため、屋内外から居室へ伝搬する騒音を出来るだけ少なくなるように遮音設計がなされますが、騒音が全く騒音が聞こえない状態は保証できません。こうした集合住宅の騒音問題に対して、設計者や施工者に対応策の実例や計算方法などを易しく示し、防止設計方法を解説します。

●日程:2018年6月20日(水)
  受付12:30~ 講習13:00~17:00
●会場:TOTOテクニカルセンター大阪
 大阪市中央区久太郎町3-6-8 御堂筋ダイワビル 2F
 地下鉄御堂筋線「本町駅」下車12番出口、徒歩4分
 ※お車での来場はご遠慮ください。
 ※講習会の前後の時間にTOTOの展示コーナー及びラボをお楽しみください

●テキスト
『集合住宅の存音防止設計入門』NPO法人建築音響共同研究機構 編(学芸出版社)他:補助資料

●受講料  建築士会会員:6,500円 後援団体会員:7,500円 一般:8,500円
 ※受講料にはテキスト代(税込み2592円)を含んでいます。
 ※建築士会の賛助会員企業にご所属の方は、入会口数1口につき1名様を建築士会会員受講料とさせていただきます

●定員  80名(申込先着順)

●詳細
http://bit.ly/2F9IUbr

●申込み
http://bit.ly/2qUrXO6

●内容 ※一部変更となる場合がありますので予めご了承ください。

13:00~13:05
 建築士会よりご挨拶  (公社)大阪府建築士会研修委員会

13:05〜14:00(55分)NPO法人建築音響共同研究機構:理事長 安藤啓
・第1部 集合住宅を取り巻く騒音と評価 方法についての理解
  音の基本事項、材料の音響性能、遮音性能の評価方法を解説

~休憩(10分)~

14:10〜15:20(70分)NPO法人建築音響共同研究機構:理事 中川清
・第2部 遮音計算と実施例から学ぶ 屋外騒音と生活騒音の防止設計
  屋外騒音(道路騒音、鉄道騒音)と生活騒音(話声とテレビ音、床衝撃音)の防止設計を解説

~休憩(10分)~

15:30〜16:40(70分)NPO法人建築音響共同研究機構:理事 平松友孝
・第3部 多くの実施例から学ぶ 設備騒音の防止設計
  騒音クレームになる可能性の高い建築設備の騒音防止設計方法を解説

16:40~17:00       質疑応答

◎関連書籍
『集合住宅の騒音防止設計入門』
NPO法人建築音響共同研究機構 編
安藤啓・中川清・縄岡好人・平松友孝・益田勲・吉村純一・渡邉秀夫・綿谷重規 著
A5判・160頁・定価 本体2400円+税
ISBN978-4-7615-2654-2
2017/09/15
http://bit.ly/2vFstV7

◎関連書籍◎
『集合住宅の騒音防止設計入門』 NPO法人建築音響共同研究機構 編 / ゼネコン出身の音響のプロがノウハウを結集 / http://bit.ly/2vFstV7

【イベント案内】これだけでわかる建築基準法! | 建築士法第22条の4第5項に基づく建築技術講習会(2018/05/31)

これだけでわかる建築基準法!

毎年大好評を頂き満席となっています「これだけでわかる 建築基準法!」を今年も開催致します。今回も、3人の講師によるパワフルな布陣で解説して頂きます。
一級・二級・木造建築士の学科試験に向けて準備を始めたい方、設計実務に役立つ法令知識をもう一度学び直したい方を対象に、建築基準法・同法施行令から関連法規までを学ぶ講習会となります。講師が長年の経験で培ってきたノウハウを活かして、できるだけわかりやすい表現で、建築基準法の条項順に、図表を多く取り入れたテキストを使用し、法文の内容を的確に理解できることに重点を置いて解説致します。

▼日程
2018年 5月 31日(木)
 受付13:00~ 講習13:30 ~ 18:30

▼会場
大阪府建築健保会館 6階ホール
大阪市中央区和泉町2-1-11

▼受講料
建築士会会員:4,500円 後援団体会員:5,000円 一般:5,500円
※ 受講料にはテキスト代、消費税を含みます
  (入金後に当日欠席された場合は、テキストを送付いたします。)

▼定員
130名(申込先着順)

▼詳細
http://bit.ly/2JoPBcu

▼申込み
http://bit.ly/2qUrXO6

▼カリキュラム ※ 一部変更となる場合がありますので予めご了承下さい。
[時間・講義内容]
13:30~13:40
はじめに:建築士会からのご挨拶 ・ 諸注意
13:40~14:10
最近の主な法改正 概要、総則:最近の主な法改正について最新情報をお伝えします。また、建築基準法の概要・法の体系と構成・用語の定義等について解説します。
14:10~15:10
一般構造、建築設備規定:建築基準法・同施行令における、採光・換気等の一般構造や、昇降機等の建築設備について解説します。
15:20~16:50
防火・避難規定 構造強度規定:防火区画、特殊建築物、内装制限、廊下・避難階段、排煙設備等を解説します。
17:00~18:00
都市計画関係規定:集団規定について解説します。用途地域や容積率、高さ制限、防火地域、高度地区、総合設計等、実務で正確さが要求される事項を確認します。
18:00~18:30
建築士法、関連法規:建築士法や都市計画法、消防法、バリアフリー法、建
設業法について要点を抽出して解説します。

[テキスト]
『図説 建築法規』小嶋和平 著
http://bit.ly/2Hqz5bl

[講師]
・小嶋 和平(サンヨーホームズ(株)常勤顧問、元 守口市 建築主事、(公社)大阪府建築士会 特任相談役)
・森田 大(日本ERI株式会社 大阪支店確認部 主査)
・七堂 元敏(一般財団法人大阪建築防災センター、建築確認検査機構 機構長
元 堺市 建築主事、(公社)大阪府建築士会 監事)

建築士法第22条の4第5項に基づく建築技術講習会
 主催/(公社)大阪府建築士会
 後援(予定)/(一社)大阪府建築士事務所協会
        (公社)日本建築家協会近畿支部
        (一社)日本建築学会近畿支部
        (一社)日本建築協会

◎関連書籍◎
『図説 建築法規』小嶋和平 著 / 建築基準法と関連法令の要点をやさしく図解 / http://bit.ly/2Hqz5bl

【イベント案内】官民連携によるスポーツツーリズム推進戦略 | 2018年度 第1回JSTAセミナー(2018/05/18)

「官民連携によるスポーツツーリズム推進戦略」

 日 時:平成30年5月18日(金)15:00~17:00
 会 場:虎ノ門・共同通信会館5階 会議室A・B
     https://goo.gl/maps/CuLKGkoutk22
 定 員:80名
(申込及び支払確認後先着順、定員になり次第〆切)

<講師紹介>

挨拶/総括 一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構
      会長 原田 宗彦

講演① スポーツ庁 参事官(地域振興担当)仙台 光仁 氏

講演② 観光庁 観光地域振興部観光資源課
    新コンテンツ開発推進室長 斉藤 永 氏

※公務等の都合により講演者や内容が一部変更となる場合がございます。

■ 受 講 料 ■━━━━━━━━━━・・・・・・‥‥‥‥………

JSTA法人会員 1名(または会員口数分) 無料
       2人目以降 2,160円(3,000円)
JSTA個人会員 2,160円(3,000円)
一般     5,400円(6,000円)

 ()内は当日料金          
 ※ただし、定員に達した場合は当日受付を行わないことが有ります。 
 ※事前申し込みの場合、決済手数料が別途かかります。

 ※継続会員・新規入会の方で、セミナー申込み時に会費未納の場合、特例として会員価格でのご参加が可能です。
━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・‥‥‥‥………

_/_/_/_/ご 注 意 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

※事前申し込みの受け付け締め切りは、コンビニ決済またはペイジー決済(銀行振込)をご利用の方は5月14日(月)まで、クレジットカード決済の方は5月16日(水)までとさせていただきます。それ以降のお申込みは「当日受付」となりますので、当日会場にお越しの上、受付にて参加費をお支払いください。
※決済完了後のキャンセルにつきましては、返金不可となりますのでご了承ください。

_/_/_/_/ お 申 込 み は こ ち ら _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

▼申込サイト
http://bit.ly/2qXj3i5

法人会員、自治体会員、スポーツ団体会員、公益法人会員、個人会員、登録済み一般参加者(非会員)の方は、会員システム「シクミネット」よりお申込み・お支払いをお願いいたします。
→ログイン後、[イベント情報]メニューの「イベント申込」よりお手続きいただけます。

※法人・自治体・団体会員様は、団体管理者が参加者とりまとめの上、お申し込みください。

登録がお済みでない一般参加者(非会員)の方は、「シクミネット」にご登録後お申込みいただくか、JSTA事務局までメールにてお申込み下さい。
ご登録は、「シクミネット」にアクセスし、「新規ユーザ登録」より仮登録して下さい。(会員システムへの登録は一般登録となり、会員登録とはなりません。)

▼お申込について
ご利用環境の都合により、お申込や決済手続きに進めない方は、JSTA事務局までメールにてご連絡ください。
TEL:03-6441-2045(平日10:00~18:00)
E-mail:info@sporttourism.or.jp

◎関連書籍◎
『スポーツ都市戦略 2020年後を見すえたまちづくり』原田宗彦 著 / 持続的効果的なスポーツ政策の進め方を説く / http://bit.ly/2H4U17D

【イベント案内】北国の気候風土から、その文化と気質を探る(2018/05/09)

【SADI・2018年5月の定例講演会のおしらせ】

『北国の気候風土から、その文化と気質を探る』

関由有子 氏(せきゆうこ設計室主宰・(一社)雁木のまち再生代表理事)


北欧は長くて暗い冬といわれますが、冬があるから春も夏も秋も、季節のダイナミックな変化と自然のサイクルを感じます。風景を味わい自分を見つめる時間の流れ方に余裕ができると、一時の感動が深い記憶として刻まれていきます。それは心身の健康につながるようです。一年を通じて「住むように」訪れてみたいものです。


日時:2018年5月9日(水)18:30~20:30 (受付18:00~)
   ※懇親会含む/講演時間は90分
会場:東京大学農学部弥生講堂アネックス・講義室 

東京都文京区弥生1-1-1、東京大学弥生キャンパス内
地下鉄南北線「東大前駅」より徒歩1分
http://bit.ly/2HJVmnB

参加費:一般 1500 円/学生 500 円/会員 1000円/学生会員 無料

定員 : 30名(会場先着順)
※事前申し込みは必要ありません。直接会場までお越しください。

お問合せ: SADI企画委員会(担当:関本) lec@sadi.jp

◎関連書籍◎
『北欧の建築 エレメント&ディテール』小泉隆 著 / シンプルで美しく機能的な77のディテール / http://bit.ly/2vECBgK

【イベント案内】Wiwプレイベント 海外建築 / インテリア&デザインセミナー(2018/05/12)

JID&ODP 海外建築、インテリア&デザインセミナー
「デザイン戦略と思考の為のヒントとアイディア」
(ミラノサローネからみえてくる未来のデザイン)

毎年4月、5月の建築・インテリア、デザイン雑誌やネットニュースでは、ミラノサローネという言葉が飛び交います。これは、ミラノで開催されている国際家具見本市ミラノサローネ「Salone del Mobile.Milano」という見本市の略称です。この見本市会場(FIERA)には、37万人以上の来場者を172カ国以上から迎え入れ、5千人以上のメディアが国内外から集結するといわれています。今年58回目の開催を迎えます。見本市会場で始まったこのイベントをきっかけに、現在、ミラノの町では多数のイベントが連動し全体で100万人規模の人々で賑わうデザインの祭典「ミラノ・デザイン・ウィーク(※総称してミラノサローネともいう)」となり、世界中で注目を集めているのです。なぜそんな注目を集めるのでしょうか、それは、インテリアトレンドの最前線であり、インテリア・家具ビジネス、デザインビジネスの成功事例として、そして何より、単に家具の見本市としての機能だけなく、暮らしにまつわる多様なデザインのビジョンが交錯する場としてヒントやアイディアが、豊富にあることを物語っているからにほかなりません。
公益社団法人日本インテリアデザイナー協会メンバーでもあり、海外情報に詳しいパネリスト3人より、話題の尽きなったミラノサローネ、ユーロクチーナ、フォーリサローネを中心に、その周辺の街並みを実際に訪れ、見て感じた「モノ、コト」をそれぞれの視点で、解説していいただき未来のデザインについて皆さんと探りたいとおもいます。ご来場の皆様に、ヒントやアイディアが見つかることを願い開催いたします。
(メインパネラー:安藤眞代、安多茂一、酒井コウジ、ファシリテーター:牧尾晴喜)

【日程】5月12日(土)
【時間】
  14:30-15:00 開場
 15:00-17:00 パネリスト3名によるリレートーク(1名40分)
 17:00-18:45 交流会・情報交換会 

【場所】
大阪南港 ATC ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ 多目的ルーム
大阪市住之江区南港北2-1-10
ニュートラム「トレードセンター前」駅下車直結
http://bit.ly/2vIeRZ6

【参加費】無料(交流会:500円)
【定 員】50名

【主催】
公益社団法人日本インテリアデザイナー協会・大阪デザイン振興プラザ(ODP)
【後援】
大阪府、大阪市、近畿経済産業局、一般財団法人大阪デザインセンター、公益財団法人大阪市都市型産業振興センター、大阪デザイン団体連合
【企画】公益社団法人日本インテリアデザイナー協会 西日本エリア
【協力】一般財団法人大阪デザインセンター

◎関連書籍◎
『海外でデザインを仕事にする 世界の果てまで広がるフィールド』岡田 栄造・編 / 世界の隅々で職能を活かすデザイナー14人 / http://bit.ly/2HpipAZ

新刊発売!『実践につながる インテリアデザインの基本』橋口新一郎 編著

● 新刊発売!
『実践につながる インテリアデザインの基本』

橋口新一郎 編著
戸澤まり子・所千夏・岩尾美穂・九後宏 著

B5判・176頁
定価 本体2800円+税

<豊富な図版と作品例でわかる!将来に活かせるプロ目線のコメントも充実>
計画やエレメントからパースの基本まで、豊富な図版でインテリアデザインの幅広い内容を押さえた教科書。基礎知識はもちろん、将来の実務につながるプロ目線の「ひとことコメント」や学習内容に関連する作品例を充実させ、初学者が興味を持ちやすい構成とした。インテリアコーディネーター等、資格試験の基礎学習にも最適!

◎弊社書籍ページ
http://bit.ly/2qV487X
目次、紙面見本、「はじめに」を試し読みできます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★学芸出版社[住居・インテリア]の教科書★
『やさしいインテリアコーディネート』宮後浩 著
<おさえどころがわかり基本と実践が身につく>
http://bit.ly/2HlXH90

『初めて学ぶ住居学』〈建築のテキスト〉編集委員会 編
<住まいの問題を多数図版と共にやさしく解説>
http://bit.ly/2qUggWR

【今週のGAKUGEI PICKUP】「オープンデータ、本格普及へ 国・自治体が活用促す」ほか

#1:オープンデータ、本格普及へ 国・自治体が活用促す
https://s.nikkei.com/2JlUH9c
「デジタル・ガバメント実行計画で、公開するデータの語彙・コード等の標準化にも取り組む。自治体向けにも公開するデータ項目を絞り込んでそろえた推奨データセットを国が作成した」€

#2:<銀行>通帳の「紙」離れ進む 印紙税重荷、デジタル化へ
http://bit.ly/2qSaOEu
「1冊当たり年200円の印紙税もかかる。国税庁によると、銀行などが2016年度に納めた印紙税は約710億円に上る」€

#3:米Amazon.comの商品を日本円で購入・日本へ配送可能な新サービス
http://bit.ly/2JlUHWK
「現在25の通貨での支払いを可能としており、…日本円での支払いが可能。本年中に言語と通貨をさらに増やすとしている。」

【イベント案内】グローバル新時代の次世代リーダー像 | 第11回京都21世紀教育創造フォーラム(2018/05/27)

第11回京都21世紀教育創造フォーラム
<日本の未来と人づくり>グローバル新時代の次世代リーダー像~明治150年、歴史に学び混迷の世界拓け~

第11回京都21世紀教育創造フォーラムは、歴史学者の磯田道史氏を基調講演にお招きし、「明治150年とリーダー人材育成の要諦」をメインテーマに開催する予定です。
今の日本社会は、AI、デジタル革命などといった驚異的な技術革新の進展に直面し、社会が必要とする人材像も大きく変わろうとしています。
磯田氏には歴史を教材に、混迷の時代を切り拓く志の高いリーダー人材の育成には何が必要か、その条件、あるべきリーダー像とはーー最前線で活躍する5人のリーダーに次世代に寄せる熱い思いを語っていただきます。

テーマ:<日本の未来と人づくり>グローバル新時代の次世代リーダー像~明治150年、歴史に学び混迷の世界拓け~
日時:2018年5月27日(日)14:00~17:30
会場:立命館朱雀キャンパス 5階 大講義室
講師:磯田 道史氏(国際日本文化研究センター 准教授)
パネリスト:門川大作氏(京都市長)
堀場 厚氏(株式会社堀場製作所代表取締役会長兼グループCEO、本懇話会会長)
森島 朋三氏(学校法人立命館理事長)
小川 理子氏(パナソニック株式会社執行役員 テクニクスブランド事業担当、アプライアンス社副社長 技術担当)
参加費:無料
申込:事前申込制・先着順
申込締め切り:2018年5月25日(金)17:00まで
詳細:http://bit.ly/2qU6ZyN

※ただし、定員に達した場合は予告無く募集を終了する場合がございます。あらかじめお問い合わせください。

◎関連書籍◎
『地域がグローバルに生きるには 地方創生と大学教育』帯野久美子 著 / 世界に地域の魅力を発信する人材の育て方 / http://bit.ly/2vDgQh8

【イベント案内】建築情報学会キックオフ準備会議第2回(2018/05/24)

建築情報学会キックオフ準備会議第2回(千代田区・5/24)
「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが使命です。「建築情報学会」立ち上げに向け、それに深く関連する複数のトピックについてオープンディスカッションを行なっています。

BIMスペシャリスト2人が現状を切り刻む

開催概要
第1回は、建築分野出身で現在プログラマーとして活動している堀川淳一郎氏が「ジオメトリ(幾何学)」について議論を行いました。第2回は建築の実務分野から石澤宰氏が「BIM」をテーマに実施します。
今回は、期待や盛り上がりが感じられつつも、いまだ不透明感の強いBIMの本質に切り込むべく、「質疑応答形式(1000本ノック形式)」で徹底的にディスカッションします。これまで、BIMに携わっている実務者がオープンに話をする機会はほとんどありませんでした。そうしたなかで、BIMに関する過大な期待や誤解を解き、本音や悩みを明かし、新たなアプローチへとつながる視座を提示したいと思っています。また、建築の設計・施工の方法論により多様な広がりを与えるきっかけになればと考えています。
来場者やオンラインでの視聴者を含めた参加者全員で知見を共有し、それぞれがアイデアを持ち帰るきっかけになればと願っています。

下記のアドレスにて事前に質問を受け付けています。
またTwitterでも、登壇者への質問や意見をハッシュタグ#建築情報学会 で受け付けています。
質問受付フォーム
http://bit.ly/2HVAWpp

登壇者
■モデレーター
石澤宰
■ゲストスピーカー
提坂ゆきえ(Autodesk)
日時
2018年5月24日(木)
19:00-21:00(開場18:30)

会場
NSRIホール
(千代田区飯田橋2-7-5 明治安田生命飯田橋ビル2階)

参加申込
参加費:無料(定員100名)
以下のフォームから参加申込を行なってください。
参加受付フォーム:
https://goo.gl/forms/HY2bYMcSQme5yiCh2

連絡先
rsvp@archinfo.org

主催
建築情報学会キックオフグループ

協賛
一般社団法人HEAD研究会
株式会社LIXIL

メディアパートナー
10+1 website(LIXIL出版)

◎関連書籍◎
『建築家のためのウェブ発信講義』アーキテクチャーフォト・後藤連平 著 / SNS時代ならではの新しい建築家行動戦略 / http://bit.ly/2Gtf8A8

【イベント案内】理想都市は実現可能か?東京の設計図をたどる(2018/05/15)

理想都市は実現可能か?東京の設計図をたどる

日時:5月15日(火)19:30-21:00
場所:AITルーム(代官山)
定員:25名
受講料:¥1,500(税別)
講師:饗庭伸(首都大学東京都市環境科学研究科教授)
備考:ツアーと合わせてお申し込みの場合、レクチャー受講料(¥1,500)無料。
詳細:http://bit.ly/2qWjmJJ

6月9日(土) に行われるツアー「多摩ニュータウン探訪〜都市の実験を読み解く〜」に先駆け、本ツアーのナビゲーターであり、都市計画やまちづくりについての研究・実践を行っている饗庭伸氏に、現在の東京がつくられるまでにはどのような都市計画の歴史があるのかお話いただきます。
2000年代、小泉政権による民営化にともない、現在では「まちづくり」という言葉も浸透してきたように、街をかたちづくる担い手は行政や企業、研究者だけでなく私たち一般市民まで多様化しています。しかし、2020年の東京オリンピック開催に向けた再開発を含め、大規模な開発の目的や背景は、東京に住む当事者であっても多くの人にとって見えにくく、事後的にしかその変化を知る事ができないのも事実です。
今私たちが直面している東京の変化は都市計画においてどのような歴史のうえにあり、これからどのような都市像に向かって進んでいくのでしょうか。近年増加傾向にあるアートプロジェクトもこうした都市計画の歴史と重ねてみることで、これからの文化政策についてのヒントが見えてくるかもしれません。様々な文化を内包する東京の街を切り口に都市と文化の関係について考えていきます。

◎関連書籍◎
『団地図解 地形・造成・ランドスケープ・住棟・間取りから読み解く設計思考』篠沢健太・吉永健一 著 / http://bit.ly/2vAWxRq

【イベント案内】政策シンポジウム | 地域と街なみの再生(2018/05/19)

◆◇◆ 北海道自治体学会 2018年度政策シンポジウム ◆◇◆

地域経済の疲弊、縮小、衰退のなかで、「地域再生」(地方都市の再生・
中心市街地の再生)の一手法として注目を集め、佐賀県をはじめとして
大きな成果を挙げている「街のリノベーション(エリアリノベーション)」
について、「民と官の連携・協働」や北海道における可能性の観点から
考えます。

どなたでも参加できます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】 2018年5月19日(土)10:40~16:30
      ※北海道自治体学会総会:10:15~10:40(会員のみ)

【会場】 北海道大学 人文・社会科学総合研究教育棟 W203号室
     (札幌市北区北9条西7丁目)
      ※JR札幌駅北口から徒歩10分
       地下鉄南北線北12条駅から徒歩10分

【定員】 200名 (参加申込が必要です)
【参加費】 1,000円(学生無料、学生証を掲示してください)

【プログラム】
◆当学会の研究会報告 10:40~11:30
 集落研究会、議会技術研究会、ジェンダー研究会が取り組む活動について
 報告します。

◆開会挨拶、基調講演  12:30~14:00
テーマ「なぜエリアリノベーションが注目されるのか」
 【講 師】建築家/㈱ワークヴィジョンズ 代表取締役 西村 浩氏

◆パネルディスカッション 14:15~16:25
 テーマ「地域に賑わいを取り戻す~民と官の連携・協働」
 パネリスト
  ・木村 俊孝 氏 (東神楽町副町長)
  ・室谷 元男 氏 (江差町歴まち商店街協同組合前理事長)
  ・寒河江 紗希 氏(NPO法人ママの働き方応援隊ぴっぷ校事務局)
  ・西村 浩 氏  (基調講演者)
 コーディネーター
  ・西村 宣彦 代表運営委員(北海学園大学経済学部教授)

◆閉会挨拶 16:25~16:30

◆参加者交流会 17:00~19:00
 ※参加費 3,500円(参加申込が必要です。会場は当日お知らせします。)

◎参加申込、開催案内など詳細は、北海道自治体学会のHPへ。
http://bit.ly/2HHaWRc
(参加申込は5月8日(火)まで。定員に達し次第締め切ります。)

◎関連書籍◎
『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』馬場正尊、Open A 編著 / 6都市の先駆者が語る、街を変える方法論 / http://bit.ly/2K8x2uj

【イベント案内】JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL OPENING EVENT | 東京会場(2018/05/16)

JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL
OPENING EVENT開催

【開催概要/ 東京会場】
開催日時:2018年5月16日(水) 19時~21時
     ※終了後、懇親会あり
     ※受付開始 18時30分
開催場所:FabCafe MTRL
参加費用:無料
定員  :50名(先着順)

株式会社TCI研究所(代表取締役:西堀耕太郎)、株式会社Culture Generation Japan (代表取締役:堀田卓哉)、ミテモ株式会社(代表取締役:澤田哲也)は、3社共同で、ジャパンブランドの海外進出を手がけるプロデューサー育成を目指す人材育成事業「JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL」を2018年6月3日より開校します。

JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOLは、伝統工芸、先端技術やサービスを有する中小企業がジャパンブランドとして海外進出するための、新商品開発・販路開拓のエッセンスを学びます。本プログラムは日本の伝統・技・アイデンティティを次代に継承するプロデューサー人材育成に特化した民間初の教育事業です。

JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL開校にあたり、私たちは海外進出に不可欠なノウハウを体系化したメソドロジ「Next Market In」を独自に開発しました。Next Market Inはプロデューサー西堀耕太郎が中心となり、自身の海外進出の実体験と百数十を越える海外進出支援経験をベースに開発された新商品開発と販路開拓を網羅するメソドロジです。

より多くの人にメソドロジを共有するために、2018年4月25日にメソドロジ開発の経緯と概要を詳細に記した「伝統の技を世界で売る方法: ローカル企業のグローバル・ニッチ戦略(西堀耕太郎著、学芸出版社)」が書籍化されます。そこで、SCHOOL開校および書籍化を記念し、JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL OPENING EVENTを開催いたします。

当日は、TCI研究所 西堀より、老舗京和傘工房「日吉屋」での実体験やこれまでの中小機構やブランドプロデュース(新商品開発・販路開拓)を手がけてきた事例、そこから得られた海外進出のエッセンス、そして、JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL開校に向けた想いをお話させていただきます。

海外事業に取り組んでおられる企業経営者様・担当者様または、行政機関等で海外進出企業の振興・相談を担当されている方。コーディネーター、プロデューサーとして、将来海外プロジェクトを立ち上げたり、携わられる皆様方にはきっと有用な内容を盛り込みたいと思っております。ご興味のある方のご参加をお待ちしております。

イベント終了後には、会費制での懇親会も開催され、西堀はじめJAPAN BRAND PRODUCE SCHOOLのスタッフと皆様との交流の場も設ける予定です。

情報交換や様々な出会いの場として合わせてご参加頂ければ幸いです。皆さまと様々お話し出来る事を一同、楽しみにしております。

◎関連書籍◎
『伝統の技を世界で売る方法 ローカル企業のグローバル・ニッチ戦略』西堀耕太郎 著 / http://bit.ly/2q3w4Gi

【イベント案内】JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL OPENING EVENT | 大阪会場(2018/05/11)

JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL
OPENING EVENT開催

【開催概要/ 大阪会場】
開催日時:2018年5月11日(金) 19時~21時
     ※終了後、懇親会あり
     ※受付開始 18時30分
開催場所:メビック扇町
参加費用:無料
定員  :50名(先着順)

株式会社TCI研究所(代表取締役:西堀耕太郎)、株式会社Culture Generation Japan (代表取締役:堀田卓哉)、ミテモ株式会社(代表取締役:澤田哲也)は、3社共同で、ジャパンブランドの海外進出を手がけるプロデューサー育成を目指す人材育成事業「JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL」を2018年6月3日より開校します。

JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOLは、伝統工芸、先端技術やサービスを有する中小企業がジャパンブランドとして海外進出するための、新商品開発・販路開拓のエッセンスを学びます。本プログラムは日本の伝統・技・アイデンティティを次代に継承するプロデューサー人材育成に特化した民間初の教育事業です。

JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL開校にあたり、私たちは海外進出に不可欠なノウハウを体系化したメソドロジ「Next Market In」を独自に開発しました。Next Market Inはプロデューサー西堀耕太郎が中心となり、自身の海外進出の実体験と百数十を越える海外進出支援経験をベースに開発された新商品開発と販路開拓を網羅するメソドロジです。

より多くの人にメソドロジを共有するために、2018年4月25日にメソドロジ開発の経緯と概要を詳細に記した「伝統の技を世界で売る方法: ローカル企業のグローバル・ニッチ戦略(西堀耕太郎著、学芸出版社)」が書籍化されます。そこで、SCHOOL開校および書籍化を記念し、JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL OPENING EVENTを開催いたします。

当日は、TCI研究所 西堀より、老舗京和傘工房「日吉屋」での実体験やこれまでの中小機構やブランドプロデュース(新商品開発・販路開拓)を手がけてきた事例、そこから得られた海外進出のエッセンス、そして、JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL開校に向けた想いをお話させていただきます。

海外事業に取り組んでおられる企業経営者様・担当者様または、行政機関等で海外進出企業の振興・相談を担当されている方。コーディネーター、プロデューサーとして、将来海外プロジェクトを立ち上げたり、携わられる皆様方にはきっと有用な内容を盛り込みたいと思っております。ご興味のある方のご参加をお待ちしております。

イベント終了後には、会費制での懇親会も開催され、西堀はじめJAPAN BRAND PRODUCE SCHOOLのスタッフと皆様との交流の場も設ける予定です。

情報交換や様々な出会いの場として合わせてご参加頂ければ幸いです。皆さまと様々お話し出来る事を一同、楽しみにしております。

◎関連書籍◎
『伝統の技を世界で売る方法 ローカル企業のグローバル・ニッチ戦略』西堀耕太郎 著 / http://bit.ly/2q3w4Gi

【イベント案内】講演会 | ニュータウンのつくられ方-都市計画思想を紐解く(2018/04/22)

日程:2018年4月22日(日)
時間:13:00~16:30
場所:パルテノン多摩(東京都多摩市)第1会議室
会費:500円(資料代含む)
定員:80名(申込先着順)
主催:公益財団法人多摩市文化振興財団
詳細・申込
http://bit.ly/2vuUHBQ

日本最初の大規模ニュータウン「千里ニュータウン」と、日本最大規模のニュータウン「多摩ニュータウン」。東西を代表するニュータウンに関わった講師陣が、実例に即してニュータウンの「つくられ方」を解き明かします。ただいま同館2階で開催中の吹田市立博物館&パルテノン多摩歴史ミュージアム連携展示「ニュータウン誕生」の関連企画。

《講師》
奥居 武(千里パブリックデザイン)
成瀬惠宏(元・多摩ニュータウン担当公団職員、都市計画家)
片寄俊秀(まちづくりプランナー)

※※※連携企画※※※
吹田市立博物館&パルテノン多摩歴史ミュージアム連携展示「ニュータウン誕生」

日本最初の大規模ニュータウン「千里ニュータウン」と、日本最大規模のニュータウン「多摩ニュータウン」。東西を代表するニュータウン初の連携展示。ニュータウン成立の背景~東西ニュータウンの足跡~現状・展望を概観します。関連講演会・展示解説日あり。

日程:2018年5月27日(日)まで
時間:10:00~18:00
場所:パルテノン多摩(東京都多摩市)
入場:無料
詳細
http://bit.ly/2qLHmjz
※休館日は4月18日(水)、19日(木)、5月16日(水)、17日(木)です
※6月9日(土)からは吹田市立博物館・吹田市立千里ニュータウン情報館(大阪)に巡回。

◎関連書籍◎
#ニュータウン 『ユニバーサルサイン デザインの手法と実践』 田中直人 著 実践のためのガイドラインと12事例を掲載 http://bit.ly/2qJ1NNn

【今週のGAKUGEI PICKUP】「民泊、セブンでチェックイン JTBと1000店めざす 」ほか

#1:民泊、セブンでチェックイン JTBと1000店めざす
https://s.nikkei.com/2He1vcz
「利用者がチェックイン機で入力した氏名や住所は、宿泊者名簿として活用できる。JTBは管理業者にセブンチェックイン機の利用を働きかけて、利用料を受け取る。」€

#2:自宅で最期「かなう」2割 介護負担などハードル ネット1000人調査
http://bit.ly/2qLDdeQ
「「安楽死」「尊厳死」「リビングウイル(生前の意思表示)」について聞くと、90%が「知っている」と答えたが、意味まで理解している人は49%」€

#3:京都・祇園祭、今年もクラウドで ごみ処理や警備資金募る
http://bit.ly/2HdSCiZ
「近年、警備やごみ処理費が増大。ごみ減量のためにボランティア団体が進める、何度も利用できる食器の導入などに年間約1500万円がかかっており、資金の一部を活用する。」

【イベント案内】コミュニティ・ビジネス研究会 | 墨田区における産業振興、環境等の各施策と市民活動の取り組み(2018/04/25)

コミュニティ・ビジネス研究会 2018年4月25日(水)19時~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相撲や花火など江戸時代からの歴史と文化が色濃く残り、中小企業のまち、
雨水利用のまちなどで知られる東京都墨田区。

近年では、東京スカイツリーはもとより、墨田区生まれの葛飾北斎の作品
を展示する「すみだ北斎美術館」がオープンするなど、産業・観光振興に
よる地域活性化策が積極的に図られています。

4月の研究会では、この墨田区において、産業振興や環境・文化施策、
企画・財政のほか新タワー誘致等に従事されるなど、行政の中核を担って
こられた、墨田区職員の中山誠氏をお迎えします。

講演では、墨田区のまちづくりの特性を振り返りながら、産業のイメージ
アップと地域活性化を図る「3M運動」、新ものづくり創出拠点、フロンティ
アすみだ塾ほか、時代をリードする取り組みをご紹介いただき、市民活動と
それを支える制度の在り方等について議論します。

皆様ふるってご参加くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○テーマ:墨田区における産業振興、環境等の各施策と市民活動の取り組み

○講師:中山 誠 氏/墨田区 会計管理者(前墨田区環境担当部長)

○日時:平成30年4月25日(水)19時~20時半(終了予定)

○会 場:ローランズショップ原宿店(原宿駅徒歩10分)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目54ー15
     ベルズ原宿ビル1F
    電話番号 03-6434-0607
    <案内図>http://bit.ly/2HfGOJ8

======プロフィール================
○中山 誠
・ 1966年東京都墨田区生まれ
・ 1989年東京都立大学法学部卒業後、墨田区入庁
  (2010年専修大学大学院経済学研究科修士課程修了)
・ 墨田区では、産業、文化、観光振興、環境、財政、企画、
  政策、まちづくり、新タワー誘致等に従事
・ 産業経済課在籍時(1994~1997年度)にコミュニ
ティビジネスと出会う
============================
○講演内容(予定)

1)墨田区とは
 ・中小企業のまち、すみだ北斎美術館等による産業・観光振興

2)雨水利用の推進
 ・公共民間各施設による雨水利用の取り組み、市民団体

3)付加価値の高い製品づくり・イメージアップ等をめざす「3M運動」
 ・小さな博物館、すみだマイスター、すみだ工房ショップ

4)日常生活の課題解決に役立つ商品開発
 ・消臭毛布、廃食油回収・発電、浮く水着、電動車いす 等

5)新ものづくり創出拠点

6)後継者育成ビジネススクール フロンティアすみだ塾
 ・100数十人のOB・OG

7)区民・区内事業者等による自発的な地域活性化イベント
 ・音楽祭、食べ歩きイベント、工芸品等の市 等

8)墨田区協治(ガバナンス)まちづくり推進基金及び同助成事業
 ・寄付金を財源とした助成事業

9)すみだの夢応援助成事業
 ・ふるさと納税によるクラウドファンディング

10)地域力日本一のまちをめざして

============================

○参加費:会員500円、非会員1000円、学生500円
     (会場費・飲み物等の費用として利用します。)

○申込み:http://www.cbn.jp/contact の必須事項欄にご記入の上、
     問い合わせ内容欄に、「4月25日CBN定例会参加希望」とお書きください。

◎関連書籍◎
『新版 コミュニティ・ビジネス』細内信孝 著 / 累計1万部を超えたCBの定本、全面刷新 / http://bit.ly/2K2Wnp4

【イベント案内】道の駅に負われてベトナムへ | 特定非営利活動法人AVENUE 第33回勉強会(2018/05/19)

特定非営利活動法人AVENUE 第33回勉強会
「道の駅に負われてベトナムへ」

今回は、南房総の道の駅「道の駅とみうら枇杷倶楽部」を成功に導き、観光庁の「観光カリスマ百選」にも選ばれた加藤さんに、ベトナムでの道の駅実現についてお話を伺います。

●概要:
 2007年1月にベトナムを訪れて以来、10年間、40回を超えて通うことになったのは「道の駅」。農村地域の振興を目指して、安全な野菜の生産販売、伝統工芸品の商品開発に取組み、 売店の開設支援も進めてきた。
 参画者の意識に変化は出てきたように見えるが、持続的させるには課題も多い。

●加藤文男さんのプロフィル
(元)「道の駅とみうら枇杷倶楽部」駅長、観光カリスマ、地域活性化伝道師

●参加費 : 1000円(資料代等) 学生は無料

●申込 : 5月17日(木)までにメールにて申込願います。

●定員: 60名(先着順)

◎関連書籍◎
『アジア・アフリカの都市コミュニティ』城所哲夫・志摩憲寿・柏﨑梢 編 / フロンティアは、インフォーマルにあった! / http://bit.ly/2HxPhKV

新刊予約受付中!『一級建築士合格戦略 法規のウラ指導』教育的ウラ指導 編著

● 新刊予約受付中!
『一級建築士合格戦略 法規のウラ指導』

教育的ウラ指導 編著

四六判・588頁(予定)
定価 本体3200円+税
<5月下旬発売予定!>

【独学合格者たちのノウハウで法規の試験を完全攻略!】
2015年まで年度版として出版し、多くの独学受験者を支えてきた『一級建築士受験 法規のウラ指導』がリニューアル!学習効率を高める1問1答形式と図解による計算問題に、新しく条文解説を追加。項目別に原文を示しながら約500問を徹底解説。独学合格者たちのノウハウで「体系的な理解」をサポートする。出題者の意図を読み取って法規を完全攻略!本番で点数を稼ごう!

《《 読 者 特 典 》》
持ち込み法令集に使える、教育的ウラ指導オリジナルインデックスシールを、申込者にもれなく無料配布!
(※ご購入後、専用URLにアクセスしてお申し込みください)

★書籍ご予約はこちらから!★
http://bit.ly/2J4MhTq
◎弊社書籍ページ →http://bit.ly/2qG3Brn

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★好評発売中!
教育的ウラ指導が贈る一級建築士受験対策本!

『一級建築士受験 合格者たちの勉強法』★好評3刷!
<本番で点数を稼げる上手な勉強法を伝授する>
http://bit.ly/2J1baiM

\今年度版も鋭意制作中!/
法規の次は製図を攻略!
『一級建築士合格戦略 製図試験のウラ指導』