新刊発売!『知的障害者施設 計画と改修の手引き』砂山憲一 著

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91hVUygDSnL.jpg

知的障害者施設 計画と改修の手引き』

砂山憲一 著

B5判・160頁
定価 本体3500円+税

建物の老朽化や支援方法の変化、入居者の高齢化などを背景に、知的障害者施設には従来とは異なる住まい方への対応が求められている。本書では、利用者の多様な障害特性を見据えた柔軟な計画のあり方や、将来的な環境変化に対応するための可変的なディテール設計のポイントについて、増改築や改修の実例に沿って解説する。

★弊社書籍ページ

https://hatenablog-parts.com/embed?url=http%3A%2F%2Fi.r.cbz.jp%2Fcc%2Fpl%2Fdaax9784%2Fpvbw%2Fkp4u36pb%2Fi.r.cbz.jp

詳細目次、著者紹介、「はじめに」「おわりに」を試し読みできます!

━目次
序章 支援と建築
第1章 部門別/特性別・計画のポイント
第2章 改修・増改築のポイント
第3章 住まいのディテール
第4章 計画実現のためのポイント
第5章 自宅で暮らすための改修ポイント

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎関連書籍
『空き家・空きビルの福祉転用 地域資源のコンバージョン』
日本建築学会 編
<転用の制度、技術、運営の実際をこの一冊に>

https://hatenablog-parts.com/embed?url=http%3A%2F%2Fi.r.cbz.jp%2Fcc%2Fpl%2Fdaax9784%2Fcwfy%2Fkp4u36pb%2Fi.r.cbz.jp

(編集部のつぶやき)
☆「設計者と施設経営者が顔を突き合わせて読む本がない」――そんな悩みに応えた1冊です(『知的障害者施設』編集担当M)☆

 

広告