【イベント案内】住まいの中のパブリック|篠原聡子|日本建築文化保存協会 連続講演会(2018/02/13)

昨年度の連続講演会に引き続き、2017年度も日本の代表的な建築家を建築倉庫にお招きし、講演を頂きます。クリエーティブの新たな可能性、建築と社会との関わりを問いながら、国内外の建築界を広く展望することが目的です。

各世代を代表し、異なった方法論を展開する建築家・デザイナーによる刺激的な議論をお楽しみください。

詳細:https://archi-depot.or.jp/ja/archives/1190

日程:2018年2月13日(火)19時〜(18時開場)

出演:
ゲストスピーカー:篠原聡子(建築家/日本女子大学教授)
ナビゲーター:三宅理一(東京理科大学 客員教授)
(敬称略)

料金:2,000円(建築倉庫ミュージアム入場券付)
定員:60名
主催:一般社団法人日本建築文化保存協会
後援:一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会

会場:
パナソニック東品川ビル2号館(東京都品川区東品川1-3-15)
東京モノレール「天王洲アイル」駅 徒歩10分
りんかい線「天王洲アイル」駅B出口 徒歩10分
JR「品川」駅港南口より徒歩15分

◎関連書籍◎

#住まい 『近居』大月敏雄・住総研 編著 介護や子育て、「家族が地域に住む」時代へ http://ift.tt/2nJbHxX

広告