【イベント案内】伝統木造建築の英知とは | 『耐震木造技術の近現代史』刊行記念(2018/06/06)

学芸セミナー(in 東京)『耐震木造技術の近現代史』刊行記念
「伝統木造建築の英知とは」――関西大学環境都市工学部建築学科教授 西澤英和

伝統木造家屋は激震に耐えた!

先人は苛酷な震災に遭遇するたびに、修理を通して耐震技術を蓄積してきた。
にもかかわらず、在来木造の被害はなぜ繰り返されるのか?
深刻化する技術基盤の断絶の要因を歴史に探り、地震国日本が培った木造技術の英知について、ゲストに後藤治先生をお迎えし、ともに語り合いましょう。
今回のセミナーは西澤先生のお話を伺いたい関東の有志の方々の
熱いリクエストとご協力により開催いたします。

◎プログラム
17:30  開場、受付
18:00  開演
「伝統木造建築の英知とは」 西澤英和
(ゲスト)後藤治(工学院大学理事長)
質疑応答
20:00  終了予定
司会:山本玲子(NPO法人全国町並み保存連盟事務局長・歴史的建築物活用ネットワーク事務局)

◎概要
日 時/ 2018年6月6日(水) 18:00~20:00(17:30開場)
場 所/ 湯島天神 梅香殿 2F(〒113-0034 東京都文京区湯島3-29-5)
当日連絡先:080-1080-7065(山本)

会 費/ 1000円
本をご持参の方または、当日ご購入の方は無料になります。
西澤英和著『耐震木造技術の近現代史』(学芸出版社)を
お持ちの方は、必ずご持参ください。
定 員/ 50名
主 催/ 学芸出版社
協 力/ 公益社団法人 日本建築家協会再生部会
これからの木造住宅を考える連絡会
歴史的建築物活用ネットワーク HARNET
詳細・申込/
http://bit.ly/2JVJU5Z

◎講師紹介

西澤英和 (にしざわ・ひでかず)

1951年大阪府生まれ。
京都大学工学研究科博士課程建築学専攻修了。
京都大学工学部講師を経て、現在、関西大学環境都市工学部建築学科教授。
鉄骨構造学と耐震工学を主要テーマに実証的な研究を展開。
歴史的建造物の保存修復や活用のために、社寺建築や煉瓦造の近代建築などの構造強度の評価に関する研究にも力を入れる。
また、文化財建造物の修復保存事業に際して、現地での構造調査や耐震補強手法に関する研究も幅広く実施。

主な著書
『BASICによる建築構造計算Ⅰ・Ⅱ』(共著、学芸出版社)
『鉄骨構造の話』(共著、学芸出版社)
『構造力学』(共著、昭和堂)
『建築学の教科書』(共著、彰国社)
『地震とマンション』(共著、ちくま新書)
など。

◎ゲスト紹介

後藤治 (ごとう・おさむ)

工学院大学理事長、建築学部建築デザイン学科教授。
ヘリテイジマネージャーネットワーク協議会運営委員長。
1960年東京都生まれ。
東京大学大学院工学系研究科建築専攻博士課程中退。
文化庁文化財保護部(現文化財部)建造物文部技官・同文化財調査官を経て、1999年より工学院大学に勤務、常務理事を経て、2017年より理事長。
博士(工学)、一級建築士。専門は日本建築史及び歴史的建造物の保存修復

◎関連書籍

『耐震木造技術の近現代史 伝統木造家屋の合理性』

伝統木造家屋は激震に耐える! 先人は苛酷な震災に遭遇する度に、修理を通して耐震技術を蓄積してきた。果たして、近現代の日本は伝統木造の英知を活かせているだろうか?繰り返される在来木造の大被害、その要因を木造耐震化の歴史を振り返って明らかにし、地震国日本が培ってきた伝統木造技術の復権を論じる渾身の一冊。

西澤英和 著
A5判上製・432頁・定価 本体6000円+税
ISBN978-4-7615-4093-7
2018/03/01
http://bit.ly/2ImwWAW

◎関連書籍◎

『耐震木造技術の近現代史 伝統木造家屋の合理性』西澤英和 著 / http://bit.ly/2ImwWAW

広告