【イベント案内】関西から観光立国・立圏を考える 意見交換会(2018/05/19)

「関西から観光立国・立圏を考える」意見交換会

日時=2018年5月19日(土)13:00~16:45
場所=阪南大学あべのハルカスキャンパス(あべのハルカス23階 〒545-6023 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1-43)
http://bit.ly/2FS7wpG
HP=
http://bit.ly/2KJNwsN

日本観光研究学会関西支部では、毎年、意見交換会を開催しています。今年度は、観光振興における「民泊」の果たす役割を多面的に捉え、良質なおもてなしの一翼を担う柱にするにはどうすればよいか等を議論します。
会員以外の方もご参加頂けますので、関西支部ホームページをご覧いただき、お申し込みください。

■基調講演(13:05~13:35):『関西における観光政策の現状』国土交通省近畿運輸局観光部長 宮田亮氏

■特別講演(13:40~14:10):『Airbnb Japanの事業戦略』Airbnb Japan(株)執行役員ホームシェアリング事業統括本部 統括本部長 長田英知氏

■パネルディスカッション(14:20~16:45):
テーマ『観光振興における民泊の役割を多面的に考える』
パネリスト(50音順)
(1)Airbnb Japan(株)執行役員ホームシェアリング事業統括本部 統括本部長 長田英知氏
(2)京都外国語大学 国際貢献学部 グローバル観光学科長・教授 ジェフ・バーグランド氏
(3)株式会社ヴァリューズ 代表取締役社長 辻本秀幸氏
(4)和歌山大学 食農総合研究所 教授 岸上光克氏
コーディネーター 日本観光研究学会関西支部長 大阪成蹊大学 副学長・マネジメント学部 国際観光ビジネス学科長 国枝よしみ

◎関連書籍◎
『DMO 観光地経営のイノベーション』高橋一夫 著 / 注目の日本版DMOをどう確立・運営するか / http://bit.ly/2FS7wWI

広告