都市環境デザインセミナー「京都市立芸術大学移転と京都駅東部・崇仁地区のまちづくり」(4.12京都)

◎2014年度第1回都市環境デザインセミナーご案内
京都市立芸術大学移転と京都駅東部・崇仁地区のまちづくり
                    中村伸之、藤本英子、山内政夫

○趣旨
 今年1月に、京都市が市立芸術大学を京都駅東部に移転する計画を発表しました。
 この地、崇仁(すうじん)地区の人々は永年差別と闘い、自ら銀行を設立して産業を興し、教育や住環境の改善を行ってきました。地元の小学校から、日本初の人権宣言である「水平社宣言」のリーフレットが発見され、世界記憶遺産への登録を進めていることでも注目されています。さらに、近年の古文書研究によって、戦国期からの都市経営の姿も明らかになってきました。
 このような歴史に基づき、地域の人々は多様な主体の参加と協働によるまちの形成・運営=エリア・マネジメントを進めようとしています。芸術大学移転により文化創造・国際交流の地として大きく飛躍しようとする崇仁の姿に迫ります。

                            中村伸之

○2014年4月12日(土)
 【第1部】
15:45 柳原銀行記念資料館に集合
     京都駅を東に徒歩8分
16:00 崇仁地区まち歩き

 【第2部】
18:15 下京いきいき市民活動センター別館に集合
    京都駅を東に徒歩12分、体育館1階
18:30 セミナー開始
  崇仁界わいの歴史景観  中村伸之(JUDI関西)
  芸術大学と地域の連携  藤本英子氏(京都市立芸術大学
  崇仁地区のまちづくり  山内政夫氏(崇仁まちづくり推進委員会)
  会場の皆さんと意見交換

○参加費
まち町歩き 一律500円 定員30名/申し込み先着順
セミナー  会員500円/会員外1000円/学生500円/地域の方は無料
      定員50名/申し込み先着順
      終了後懇親会準備中・当日実費精算

主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
詳細
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1404/index.htm

◎景観まちづくりの好評既刊書
藤本英子 著
『市民のための景観まちづくりガイド』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2539-2.htm

広告

七条大橋百周年記念企画:七条通界わい・まちづくりツアー(3.9、16、23京都)

七条大橋百周年記念企画
七条通界わい・まちづくりツアー

私たちは、世界遺産、寺社仏閣、博物館、大学が高度に集積する七条通界わい(東大路からJR山陰線あたり)に注目し、百年前の京都三大事業が生んだ七条通七条大橋の再生を考えるプロジェクトを進めています。その一環として、地域の皆さんとともに町歩きをするツアーを開催します。ぜひご参加ください。

京都を輝かせる歴史遺産と未来プロジェクトが集中する、京都駅前の歩いて暮らせる文化集積エリアを探索します。(全5コース、各回定員15名)

・集合場所:いずれも七条大橋の南東橋詰
 (川端七条交差点、京阪七条から徒歩1分)
 https://goo.gl/maps/18Ove
・参加費1000円(2回目以降は500円、豪華ガイドブック進呈)
・お申込み 当日飛び入り参加も可能ですが、できるだけメールで予約を
 お願いします。 kyotokeikanforum@yahoo.co.jp

○3月9日(日)
1.本町通(10時集合)
 伏見街道として栄えた本町街道、平安時代の面影を残す地形、秀吉時代の名残や商人たちの行き交う姿が彷彿と蘇ります。
2.崇仁地区(14時集合)
 京都市立芸術大学の移転が決まりまちづくりが大きく動き出した京都駅東部で、差別と闘った歴史の地を巡ります。水平社宣言を世界記憶遺産に登録する活動も盛んです。

○3月16日(日)
3.高瀬川・寺町地区(10時集合)
 鴨川の蛇行が生んだ町割りのゆがみが高瀬川と寺町(富小路通)に不思議空間を生み出しました。運河と路地の街を巡ります。

○3月23日(日)
4.東山七条 10時集合
 豊国神社の「豊国祭礼図屏風」の絵解きで桃山時代にタイムスリップして、かつての町並みを思い描きつつ町を巡ります。(別途拝観料300円が必要)
5.近代建築めぐり 14時集合
 七条通は近代建築がよく残されたフィールドミュージアムです。近代化に奮闘した棟梁や建築家の足跡をたどります。

東日本大震災復興まちづくり最前線(大西隆ほか編著)
http://bit.ly/X9aDlM

都市環境デザインセミナー「ロンドンのエリアマネジメント」(会場変更のお知らせ)

12月のセミナーは会場をドーンセンター中会議室からセミナー室に変更しました。かつ、現時点では満員です。立ち見になるかもしれませんが、宜しければお申し込みください。懇親会も同様にキャンセル待ちです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎2013年度第9回都市環境デザインセミナーご案内
 ロンドンのエリアマネジメント
  JUDI国際ツアーの報告
  服部圭郎、角野幸博、泉英明、長町志穂

日時:2013年12月26日(木)
   6時15分開場  6時30分開演  8時30分頃まで
場所:ドーンセンターセミナー室(大阪天満橋
費用:都市環境デザイン会議会員500円/会員外1000円/学生500円
定員:30名/申し込み先着順
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
終了後懇親会準備中・当日実費精算
詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1312/index.htm

<趣旨>
 都市環境デザインを様々な視点で捉え、その年に多くの会員が注目する「ある都市」を訪ねるJUDI国際ツアー。今回のセミナーは、2013年8月に実施した『ロンドンツアー』からの報告です。
 ロンドンならではの活動と組織のあり方を持つ二つのBIDをはじめ、地区の活性化を民間人の立場で担う地元活動家、地元や観光客から多くの支持を受けるオーガニックマーケットの主宰者、ロンドン版JUDIといえる都市デザインプロフェッショナル団体の会長など、ヒアリングにつぐヒアリングという濃厚なツアーから見えたものを、特に「エリアマネジメント」を切り口に報告します。
 また、オリンピック後の土地活用や、夜間景観演出など既存都市資源の魅力化など、ハードの整備に関するビジュアル情報、公園都市の聖地レッチワースや公営住宅の現在形の報告もあり、都市デザインに関係する方、日本版BIDを進める主体の皆様、コミュニティデザインを学ぶ学生には必聴必見の内容です。

◎関連書籍
『にぎわいの場 富山グランドプラザ』山下裕子 著
四六判・208頁・定価 2000円+税
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2557-6.htm

ロンドンのエリアマネジメント〜 JUDI 国際ツアーの報告( 12.16 大阪)

◎2013年度第9回都市環境デザインセミナーご案内
 「ロンドンのエリアマネジメント〜JUDI国際ツアーの報告」
           服部圭郎、角野幸博、泉英明、長町志穂

日時:2013年12月26日(木)
   6時15分開場  6時30分開演  8時30分頃まで
場所:ドーンセンターセミナー室(大阪天満橋
費用:都市環境デザイン会議会員500円/会員外1000円/学生500円
定員:50名/申し込み先着順
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
終了後懇親会準備中・当日実費精算
詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1312/index.htm

<趣旨>
 都市環境デザインを様々な視点で捉え、その年に多くの会員が注目する「ある都市」を訪ねるJUDI国際ツアー。今回のセミナーは、2013年8月に実施した『ロンドンツアー』からの報告です。
 ロンドンならではの活動と組織のあり方を持つ二つのBIDをはじめ、地区の活性化を民間人の立場で担う地元活動家、地元や観光客から多くの支持を受けるオーガニックマーケットの主宰者、ロンドン版JUDIといえる都市デザインプロフェッショナル団体の会長など、ヒアリングにつぐヒアリングという濃厚なツアーから見えたものを、特に「エリアマネジメント」を切り口に報告します。
 また、オリンピック後の土地活用や、夜間景観演出など既存都市資源の魅力化など、ハードの整備に関するビジュアル情報、公園都市の聖地レッチワースや公営住宅の現在形の報告もあり、都市デザインに関係する方、日本版BIDを進める主体の皆様、コミュニティデザインを学ぶ学生には必聴必見の内容です。

○学芸出版社の本
『エリアマネジメント〜地区組織による計画と管理運営』(小林重敬編著)
汐留、六本木、丸の内から松江、高松、七尾まで、様々な規模と形態で展開する事例から、地域力を導く組織づくりと地域価値を高める活動を解説。
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2360-3.htm

都市環境デザインセミナー「ロンドンのエリアマネジメント」(12.26大阪)

◎2013年度第9回都市環境デザインセミナーご案内
 ロンドンのエリアマネジメント
  JUDI国際ツアーの報告
  服部圭郎、角野幸博、泉英明、長町志穂

日時:2013年12月26日(木)
   6時15分開場  6時30分開演  8時30分頃まで
場所:ドーンセンター中会議室(大阪天満橋
費用:都市環境デザイン会議会員500円/会員外1000円/学生500円
定員:30名/申し込み先着順
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
終了後懇親会準備中・当日実費精算
詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1312/index.htm

<趣旨>
 都市環境デザインを様々な視点で捉え、その年に多くの会員が注目する「ある都市」を訪ねるJUDI国際ツアー。今回のセミナーは、2013年8月に実施した『ロンドンツアー』からの報告です。
 ロンドンならではの活動と組織のあり方を持つ二つのBIDをはじめ、地区の活性化を民間人の立場で担う地元活動家、地元や観光客から多くの支持を受けるオーガニックマーケットの主宰者、ロンドン版JUDIといえる都市デザインプロフェッショナル団体の会長など、ヒアリングにつぐヒアリングという濃厚なツアーから見えたものを、特に「エリアマネジメント」を切り口に報告します。
 また、オリンピック後の土地活用や、夜間景観演出など既存都市資源の魅力化など、ハードの整備に関するビジュアル情報、公園都市の聖地レッチワースや公営住宅の現在形の報告もあり、都市デザインに関係する方、日本版BIDを進める主体の皆様、コミュニティデザインを学ぶ学生には必聴必見の内容です。

最終案内:都市環境デザインセミナー「気仙沼市内湾地区の復興まちづくり」( 11.26 大阪)

◎2013年度第8回都市環境デザインセミナーご案内
気仙沼市内湾地区の復興まちづくり
11.26/大阪/吉川健一郎

 気仙沼市内湾地区は、海と山の織りなす景観が魅力のまちであったが、東日本大震災で甚大な被害を受けた。とりわけ、古くから「屋号通り」や「昭和モダン」と呼ばれる港町繁華街の雰囲気を伝える街並みが形成されていた魚町・南町の復興再生については、コンペが行われるなど、その方向が模索されている。

 コープランの吉川健一郎さんは、南町・魚町の人たちと出逢い、その復興を支援してきている。今回のセミナーは吉川さんからお話を中心にして、被災地の魅力の再生について考えたいと思う。

  1.被害状況視察で出会った内湾地区 鳴海
  2.南町・魚町の復興まちづくり 吉川
  3.「復興の姿研究会」での考察 若本
 復興3年に近づいた現地の状況を知るチャンスでもあります。
 皆さんの参加をお待ちしています
                    セミナー委員長 鳴海 邦碩

日時:2013年11月26日(火)
   6時15分開場  6時30分開演  8時30分頃まで
場所:キャンパスポート大阪ルームE
   〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-400 大阪駅前第2ビル4階
費用:都市環境デザイン会議会員500円/会員外1000円/学生500円
   終了後懇親会準備中(費用別途)
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
詳細
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1311/index.htm

都市環境デザインセミナー「気仙沼市内湾地区の復興まちづくり」(1 1.26 大阪)

◎2013年度第8回都市環境デザインセミナーご案内
気仙沼市内湾地区の復興まちづくり
11.26/大阪/吉川健一郎

 気仙沼市内湾地区は、海と山の織りなす景観が魅力のまちであったが、東日本大震災で甚大な被害を受けた。とりわけ、古くから「屋号通り」や「昭和モダン」と呼ばれる港町繁華街の雰囲気を伝える街並みが形成されていた魚町・南町の復興再生については、コンペが行われるなど、その方向が模索されている。
 コープランの吉川健一郎さんは、南町・魚町の人たちと出逢い、その復興を支援してきている。今回のセミナーは吉川さんからお話を中心にして、被災地の魅力の再生について考えたいと思う。

  1.被害状況視察で出会った内湾地区 鳴海
  2.南町・魚町の復興まちづくり 吉川
  3.「復興の姿研究会」での考察 若本
 復興3年に近づいた現地の状況を知るチャンスでもあります。
 皆さんの参加をお待ちしています
                    セミナー委員長 鳴海 邦碩

日時:2013年11月26日(火)
   6時15分開場  6時30分開演  8時30分頃まで
場所:キャンパスポート大阪ルームE
   〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-400 大阪駅前第2ビル4階
費用:都市環境デザイン会議会員500円/会員外1000円/学生500円
   終了後懇親会準備中(費用別途)
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
詳細
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1311/index.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎『にぎわいの場 富山グランドプラザ〜広場のレシピ、聞いてみよう』

講 師:山下裕子((株)まちづくりとやま 第1事業部主査)
聞き手:都市空間のつくり方研究会
    武田重昭・鄭 英柱・上林恭子・垣尾俊彰
日 時:2013年11月21日(木) 18:30開場 19:00〜20:45
場 所:学芸出版社3階
http://www.gakugei-pub.jp/kaisya/index.htm
会 費:1000円(学生500円)、定員50名(先着順)
    終了後、同会場にて懇親会を予定しています
申込、詳細はこちら↓
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1311toyama/index.htm

◎関連書籍
『にぎわいの場 富山グランドプラザ』山下裕子 著
四六判・208頁・定価 2000円+税
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2557-6.htm

『にぎわいの場 富山グランドプラザ〜山下裕子さんに広場のレシピ、聞いてみよう』(11.21京都)

◎『にぎわいの場 富山グランドプラザ〜広場のレシピ、聞いてみよう』

講 師:山下裕子((株)まちづくりとやま 第1事業部主査)
聞き手:都市空間のつくり方研究会
    武田重昭・鄭 英柱・上林恭子・垣尾俊彰

 コンパクトシティと評される富山市は、2007年、中心市街地に「グランドプラザ」というまちなか広場を整備した。
 6年を経たいま、市民自らが楽しめるイベントが多数開催されたり、日常的に人がいる風景が定着し、まさに市民に愛される場となっている。
 人が集まる公共空間は、いかにしてつくられるか。
 計画段階から運営までの舞台裏を語っていただきます。

日 時:2013年11月21日(木) 18:30開場 19:00〜20:45
場 所:学芸出版社3階
京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
http://www.gakugei-pub.jp/kaisya/index.htm
会 費:1000円(学生500円)、定員50名(先着順)
    終了後、同会場にて懇親会を予定しています
    (ご希望の方のみ、別途1000円)

申込、詳細はこちら↓
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1311toyama/index.htm

プロフィール
山下裕子((株)まちづくりとやま 第1事業部主査、NPO法人GPネットワーク理事)
 鹿児島生まれ。富山に移住し、演劇やアート関連イベントの企画制作に携わる。
 2007年よりグランドプラザ運営事務所勤務。
 2009年(財)地域活性化センター第21期全国地域リーダー養成塾修了。
 2010年より(株)まちづくりとやまグランドプラザ担当。2011年よりNPO法人GPネットワーク理事。

都市空間のつくり方研究会
日本都市計画学会のワーキンググループ。若手実務家、研究者、学生らによる産・学・官・市民等の交流のプラットフォーム形成を目指す。これまでの手法にとどまらない魅力的な都市空間のつくられ方について、多様な主体の連携や協働、そこに携わる実践者たちの思いや葛藤などを探る連続セミナー「都市空間のレシピ」開催中。

◎関連書籍
『にぎわいの場 富山グランドプラザ』山下裕子 著
四六判・208頁・定価 2000円+税
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2557-6.htm

都市環境デザインセミナー記録「市民レベルの広場活用・まちの魅力発信活動」、セミナー「東北復興における歴史文化のとらえ方」(10.18大阪)

◎2013年度第2回都市環境デザインセミナー記録公開

 市民レベルの広場活用・まちの魅力発信活動
   姫路駅周辺整備・姫路城修理完了を前にして
     報告:米谷啓和、長谷川香里、篠原祥

「駅前広場の活用に関する活動」「まちなかの魅力発掘発信活動」などの市民レベルの取り組みについて、活動の中心人物お二人から話題提供いただき、今後の活動のあり方についてみなさんと共にディスカッションした記録です。
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1303/index_k.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎2013年度第7回都市環境デザインセミナーご案内
東北復興における歴史文化のとらえ方
10.18/大阪/徳勢貴彦氏報告

日時・場所
・2013年10月18日(金)
・6時15分開場  6時30分開演  8時30分頃まで
 キャンパスポート大阪ルームD
・参 加 費
都市環境デザイン会議会員500円/会員外1000円/学生500円
定員50名/申し込み先着順
終了後懇親会準備中・当日実費精算
・主 催 等
 都市環境デザイン会議関西ブロック
・詳細
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1310/index.htm

東日本大震災復興まちづくり最前線(大西隆ほか編著)
http://bit.ly/X9aDlM

都市環境デザインセミナー「東北復興における歴史文化のとらえ方」(10.18大阪)

◎2013年度第7回都市環境デザインセミナーご案内
東北復興における歴史文化のとらえ方
10.18/大阪/徳勢貴彦氏報告

日時・場所
・2013年10月18日(金)
・6時15分開場  6時30分開演  8時30分頃まで
 キャンパスポート大阪ルームD
・参 加 費
都市環境デザイン会議会員500円/会員外1000円/学生500円
定員50名/申し込み先着順
終了後懇親会準備中・当日実費精算
・主 催 等
 都市環境デザイン会議関西ブロック
・詳細
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1310/index.htm

<趣旨>
 現在、多くの都市において歴史文化基本構想や歴史的風致維持向上計画の作成が進められるなど、地域固有の歴史・文化を活かしたまちづくりに向けた取組が全国的な広がりをみせてきています。
 東日本大震災では、数多くの歴史文化遺産が消失し、また、それらを支えてきた仕組みも大きく変化せざるを得なくなり、被災地域のなかには、その歴史文化が断片的にしか残っていない地域もみられます。しかし、それらは地域がこれまで育んできた宝であり、復興にむけての道しるべのひとつとなるものだと考えられます。
 一日も早く被災された方々の平常な生活を取り戻すことが求められるなかで、スピード感のある復興と歴史・文化の尊重とをいかにバランスよく組み合わせていくか、また、地域に残された記憶の断片をつなぎ合わせ、いかにストーリーをつくりあげ、地域のアイデンティティとして守り、育んでいくかが、東北復興における重要な課題のひとつであるといえます。
 復興における歴史・文化のとらえ方について、東北のある地域で調査に携わっている徳勢貴彦さんに報告いただき皆様と一緒に考えていければと思います。
 あわせて、JUDI復興の姿研究会が行った、奥尻島、淡路島、玄界島の復興調査の概況報告を行います。
                セミナー委員長 鳴海 邦碩

<講師プロフィール>
徳勢貴彦さん
 1979年山口県生まれ。大阪大学大学院博士課程(環境工学専攻)修了。工学博士。株式会社スペースビジョン研究所。
 各自治体による歴史文化基本構想や歴史的風致維持向上計画、個別の文化財保存管理計画の作成、歴史まちづくり法制定の背景のひとつである全国の歴史都市を対象とした歴史的・文化的資産の保存活用方策検討調査(2006〜2007)や古都保存行政の理念の全国展開方策調査(2007)など、歴史・文化を活かしたまちづくりに係る各種計画の作成や調査業務に従事。また、奈良市や明日香村などの歴史都市における景観計画や景観マスタープランの作成業務に携わる。

東日本大震災復興まちづくり最前線(大西隆ほか編著)
http://bit.ly/X9aDlM

都市環境デザインセミナー「幸せな公園づくりと住民参画」(9. 18 大阪)

◎2013年度第6回都市環境デザインセミナーご案内
幸せな公園づくりと住民参画〜有馬富士公園のパークマネジメントを中心に
 9.18/大阪/藤本真里

日時:2013年9月18日(水)
   6時15分開場  6時30分開演  8時30分頃まで
場所:キャンパスポート大阪ルームE
費用:都市環境デザイン会議会員500円/会員外1000円/学生500円
  定員50名/申し込み先着順
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1309/index.htm

<趣旨>
 成熟社会を迎え、公物としての公園を管理することから、公園をどう利用するかというマネジメントの時代になりました。各地でその取り組みが行われていますが、兵庫県立有馬富士公園の住民参画型の公園運営はなかでも優れた成果をあげている公園です。
 ここでは2001年の開園当初から夢プログラムという住民グループによる自主企画・実施イベントのしくみを運用しています。それを、住民、専門家、行政関係者でつくる協議会がサポートしています。
 本セミナーでは開園当初からコーディネーター的役割を担ってきた藤本真里さんに、具体的なプログラムと、それがどんなしかけで動いているかを紹介したいただき、公園の新たな可能性について共に考えたいと思います。
 住民が公の空間で自らの技・サービスで人々を楽しませて、喜びを味わう経験は貴重です。また、住民の主体性を尊重する経験は、関係者にとっても貴重な学習の契機になります。「子供の笑顔がうれしい!」と感動することで、住民がゲストからホストに変身し、「住民のパワーはすごい」と感動することで行政は支援に自信を持つことになります。
 藤本氏は兵庫県人と自然の博物館の研究員で、「有馬富士公園のパークマネジメント」に関する一連の論文で造園学会賞を受賞されました。「幸せな公園づくり」の秘訣を聞いていただければ幸いです。

                  セミナー委員長 鳴海 邦碩

<藤本真里さん略歴>
 兵庫県立大学自然・環境科学研究所環境計画研究部門講師。兵庫県人と自然の博物館自然・環境マネジメント研究部研究員兼職。
 昭和36年兵庫県生まれ、昭和60年大阪市立大学生活科学部住居学科卒、財団法人生活環境問題研究所を経て、平成4年12月より兵庫県人と自然の博物館研究員、平成11年4月より助教、平成24年より現職。同年、博士号(大阪大学大学院)取得。住民主体行政支援型まちづくりのしくみについて研究をすすめながら、県立有馬富士公園運営支援等、さまざまな形で博物館としてまちづくり支援活動を行っている。平成24年度日本造園学会賞受賞。有馬富士公園については、下記に寄稿。

○「緑のコミュニティデザイン」(品切れ)
http://bit.ly/15brpFc
○「パークマネジメント」
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2519-4.htm

都市環境デザイン会議全国大会 2013 福岡『再生の都市デザイン』(9.14〜9.16)

◎都市環境デザイン会議全国大会2013福岡
 『再生の都市デザイン』

1995年の阪神・淡路大震災、2011年の東日本大震災を経て、その先にある都市デザイン・わが国の環境デザインの明日はどのように描けるのだろうか。みんなが住みたい街、もっとも元気な街、アジアに向け開かれた創造都市を標榜する福岡の都心(天神・博多)で、『再生の都市デザイン』について考えてみたい。

日時:2013年9月14日(土) 〜 9月16日(月・祝)
会場:アクア博多・3階A会議室(1日目)
   アクロス福岡・2階セミナー室2(2日目)
費用:一般1000円、学生500円
   都市環境デザイン会議会員無料
詳細&申込(8.31まで)
http://www.judi.gr.jp/

<プログラム:>
○第1日目:9/14(土)
13:45 基調講演「博多駅のデザインを解剖する」
     森田昌嗣(九州大学芸術工学研究院・教授)
15:00 パネルディスカッション「福岡の都市デザインのこれから」
     中野恒明(芝浦工業大学・教授)
     森田昌嗣(九州大学芸術工学研究院・教授)
     柴田 久(福岡大学・准教授)ほか

○第2日目:9/15(日)
9:00 プロジェクト報告会
     博多まちづくりシンポ(九州)
     屋外広告物の研究(関東・関西)
     有福温泉の復興(中国)ほか
16:00 シティ遊覧・福岡オープントップバス

○第3日目:9/16(月・祝)
9:30〜14:00 エクスカーション
   Aコース門司港レトロの都市デザイン探訪
   Bコース:柳川の川下りと城下巡り

○学芸出版社の本
『都市環境デザインのすすめ〜人間中心の都市・まちづくりへ』
 (中野 恒明 著)750枚の図写真で説く再生持続のデザイン
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3197-3.htm

『都市環境デザインの仕事』(品切れ)
(鳴海邦碩+都市環境デザイン会議関西ブロック編)
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-1176-1.htm

*************************************************

東日本大震災復興まちづくり最前線(大西隆ほか編著)
http://bit.ly/X9aDlM

JUDI パブリックデザイン・セミナー第1回 「機能・用途からデザインを考える」(8/22東京)

◎JUDIパブリックデザイン・セミナー
第1回 「機能・用途からデザインを考える」

パブリックデザイン・セミナーは、都市環境デザイン製品に係る多様な方々を対象とし、従来の景観、地域性などの問題からのアプローチだけでなく、価格や維持管理、製造技術・施工技術などの観点からのアプローチを加え、デザイン力と技術力の融合による基本的な施設の有りかたを考え、物づくりと場づくりの質的向上や新しい方向性を示す機会としていきたいと考えています。

今年度のパブリックデザイン・セミナーは、8 月からはじまる下記の9 回シリーズを予定しています。シリーズ全回を通しての参加だけでなく、興味ある回のみの参加も可能です。セミナーは受講型ではなく、参加者とともに考える方式を採用して密度の濃いものとする関係で、各回の定員は15 名程度を予定しております。是非、ご参加ください。なお、各回セミナー終了後には懇親会を予定しておりますので併せてご参加ください。

日時:8月22日(木) 16:00〜
場所:日本大学駿河台キャンパス理工学部5号館
講師:天野 光一(JUDI会員 日本大学
   須田 武憲(JUDI会員 GK設計)
費用:1回分3000円
主催:都市環境デザイン会議(JUDI)
詳細&申込み:http://www.judi.gr.jp/

□学芸出版社の景観の本
『都市環境デザインのすすめ〜人間中心の都市・まちづくりへ』
 (中野 恒明 著)
 750枚の図写真で説く再生持続のデザイン
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3197-3.htm

全国町並みゼミ倉敷大会( 9.20 〜 22 )、横浜みなとみらい 21 にみるプロジェクト・マネジメント( 7.30 京都)

◎全国町並みゼミ倉敷大会
 「つながる地域文化の伝統と創造〜備中の風土力の発信〜」

全国町並みゼミは、歴史的集落・町並みの保存について、住民・研究者・行政担当者ら関係者が一堂に会し、同じ場で学習・交流を行うものです。

日程:9月20日〜22日
会場:倉敷市を中心に高梁市浅口市、および矢掛町
費用:一般5000円、会員4000円、学生3000円
詳細&申込
http://www.machisemi-kurashiki.com/
エクスカーション(22日〜23日)が用意されています。

<主なプログラム>
9月20日午後ら 全体会(倉敷市芸文館大ホール)
  基調講演は神崎宣武氏(旅の文化研究所所長)「町並みと旅の文化」
9月21日午前  町並み見学
    午後  分科会(各地会場)
9月22日午前  分科会報告会(倉敷市芸文館大ホール)

<分科会概要(21日) *はコーディネータ>
・第1分科会 倉敷第1(新渓園 敬倹堂)
  うかび上がる!まちの歴史的資産活用と観光
  〜おもてなしでつながる地域と来訪者
   *長沼眞智子(倉敷伝建地区をまもり育てる会)

・第2分科会 倉敷第2(倉敷市芸文館 会議室)
  伝統的な町並みと周辺環境を考える
〜町並み保存地区と周辺地区の景観のつながりを考える
  *横田宜明(倉敷町家トラスト)

・第3分科会 倉敷第3(倉敷市芸文館 会議室)
  町並み保存・活用の望ましい方向
  〜町並み保存と市民とのつなぎ
  *澁谷俊彦(山陽学園大学教授)

・第4分科会 玉島(西爽亭)
  まちなみを活かし、暮らし続ける
〜歴史・くらし・ひとのつながり
  *藤本英子(京都市立芸術大学教授)

・第5分科会 高梁(高梁総合福祉センター)
  町家の再生と利活用
  〜未来へつなぐ町並み*
  *苅谷勇雅(小山高専校長・連盟常任理事)

・第6分科会 浅口(かもがた町家公園 交流館)
  町家の活用による伝統文化の再生と伝承
  〜文化を次世代につなぐ*
  *齋藤行雄(臼杵の歴史景観を守る会・連盟副理事長)

・第7分科会 矢掛(やかげ文化センター)
  歴史的町並みを活かした賑わいのまちづくり
  〜道・にぎわい・町家をつなぐ
  *江面嗣人(岡山理科大学教授)

◎2013年学芸セミナー
 横浜みなとみらい21にみるプロジェクト・マネジメント
               講師:岸田 比呂志 ゲスト:井口勝文

日 時:2013年7月30日(火曜日)18:00開場、18:30〜20:30
場 所:京都/学芸出版社3階ホール
会 費:1000円 (定員40名/申し込み先着順)
懇親会:セミナー終了後、懇親会を準備中(実費、3000〜4000円程度)
主 催:学芸出版社
詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1307kisi/index.htm

『京都景観エリアマネジメント講座(基礎講座) 』(7.20 〜全8回、京都)

◎『京都景観エリアマネジメント講座(基礎講座)』

 京都の景観について学ぶ連続講座を7月20日(土)から開講します。
 本講座は、主に実務的に京都の景観まちづくりに関わる方、関わりたいと思っている方を対象に、私たちが必要だと考える基本的な知識を身につけることを目的としています。
 そのため、カリキュラムはバラエティに富み、京都のまちの特性と歴史を学ぶと共に、他都市との比較や景観事例の紹介、理論や考え方などにも視野を広げつつ、日本人の美意識や作法も取り入れています。
 ぜひ、全8回の講座の一つひとつを京都の景観を考えるヒントにしていただければ幸いです。

・年間カリキュラム 日程とテーマ・講師 (全8回)
      (原則)月1回・ 13:30〜17:30

 7月20日(土)基礎理論
   堀 繁氏(東京大学大学院教授)

 8月17日(土)海外事例と伝統文化
  宗田 好史氏(京都府立大学教授)
  笹岡 隆甫氏(華道「未生流笹岡」家元)

 9月21日(土)京都のまちの形成と景観史
  高橋 康夫氏(花園大学教授) 中川 理氏(京都工芸繊維大学教授)

 10月19日(土)土木と景観デザイン
  山田 圭二郎氏(京都大学大学院特定准教授)
  篠原 修氏(東京大学名誉教授)

 11月16日(土)京の生活文化
  矢ヶ崎 善太郎氏(京都工芸繊維大学大学院准教授)
  谷 晃氏(野村美術館館長)

 12月21日(土)建築とランドスケープ
  江川 直樹氏(関西大学教授)
  佐々木 葉二氏(京都造形芸術大学教授)

 1月18日(土)景観政策と法律
  飯田 昭氏(弁護士 京都第一法律事務所)
  石田 光廣氏(司法書士 まちづくり司法書士事務所)

 2月15日(土)景観まちづくり・修了式
高田 光雄氏(京都大学大学院教授)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・場所:(公財)京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・受講対象者:景観まちづくりに関連する専門的な分野に係わる方
・受講料:28,000円 (全8回分)
・募集人数:40名(先着順)
・主催:NPO京都景観フォーラム
・共催:(公財)京都市景観・まちづくりセンター
・後援:京都市、 (公社)土木学会関西支部
建築士会CPD認定講座(全回)
・詳細&申込
http://kyotokeikan.org/keikan2.html#keikan
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
東日本大震災復興まちづくり最前線(大西隆ほか編著)
http://bit.ly/X9aDlM

歴史的景観保全の研究と方法をめぐって(6.29京都)、京(みやこ)の景観と公共空間のデザイン(6.15京都)

◎山崎正史立命館大学退職記念講演会
 「歴史的景観保全の研究と方法をめぐって」

<記念講演会(無料)>
講演テーマ:歴史的景観保全の研究と方法をめぐって
日時:平成25年6月29日(土)午後2時〜午後4時
場所:立命館大学朱雀キャンパス五階大会議室
   (京都市中京区西の京朱雀町一 JR二条駅から南徒歩4分)
<記念パーティー>
日時:記念講演の後、午後5時〜6時30分
場所:京野菜ダイニングたわわ (立食形式・立命館大学朱雀キャンパス7階)
会費:5,000円

記念パーティーへにご参加いただける方は、
福島信夫(世話人)nbfk202@gmail.com
 宛6月15日までにお知らせ下さい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎2013年度第5回都市環境デザインセミナーご案内
京(みやこ)の景観と公共空間のデザイン
報告・立花正充・梶川伸二氏
6.15(京都、オプションのまち歩きあり)
詳細&お申し込み
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1306/index.htm

*************************************************

東日本大震災復興まちづくり最前線(大西隆ほか編著)
http://bit.ly/X9aDlM

セミナー&まち歩き「京(みやこ)の景観と公共空間のデザイン」(6.15京都)

◎2013年度第5回都市環境デザインセミナーご案内
京(みやこ)の景観と公共空間のデザイン
報告・立花正充・梶川伸二氏
6.15(京都、オプションのまち歩きあり)

 公共空間のデザインを考えるとき、どのような視点を持つことが必要でしょうか。
 京都という歴史あるまちでの仕事をひとつの例に、探っていきたいと思います。
 京都での仕事では常に、歴史・文化・伝統を意識します。さらに景観をどうとらえ、どう対応していくのかが重要なファクターになります。
 そのなかで多くの場合、「京都らしさとは」と問われ、「京都らしさ」を表現することが求められます。
 今回は京都の“かわ”“みち”“まち”を舞台に展開してきた仕事を通して、都市の景観を考えた場合に、公共空間のなかで、公共事業として行うデザインの役割、在り様などを、これが京都というまちでの特殊解なのか、それとも普遍的なものといえるのかも含めて、皆さまと一緒に考えてみようと思います。
 セミナーの前に、現場をご覧いただく「まち歩き」も行います。
 奮ってご参加ください。
                     セミナー委員 山室 浩一

○まち歩き(オプション)
・2013年6月15日(土) 1時
烏丸御池交差点 東南角集合
・参加費:500円、定員15名(先着順)
○セミナー(セミナーのみの参加も歓迎です)
・2013年6月15日(土) 14時45分開場、15時開演
・場所:学芸出版社3階(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
     JR京都駅より歩いて5分程度。
 ・参加費:都市環境デザイン会議会員500円/会員外1000円/学生500円
     定員40名、先着順
 ・終了後懇親会準備中・当日実費精算
○講師
 ・梶川伸二(株式会社GK京都 副部長)
 ・立花正充((株)空間創研取締役・SOLA代表)

詳細&お申し込み
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1306/index.htm

*************************************************

東日本大震災復興まちづくり最前線(大西隆ほか編著)
http://bit.ly/X9aDlM

まちづくりの「まち医者」〜これからの専門家像を探る(セミナー記録公開)

都市環境デザインセミナーの記録を公開しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎2012年度第9回都市環境デザインセミナー記録
  まちづくりの「まち医者」〜これからの専門家像を探る
  泉 英明
  11.29/大阪

 専門医ではなく、まちの様々な健康問題に対応し、普段から継続的に話をして治療のみでなく予防やリハビリも手がけ、必要な専門性を判断し最先端医療との橋渡しを行うような存在が「まちづくりの町医者」です。
 全体の関係性の中で地域が自らの力で元気になるプロセスにプロとしてどう関われるのか。これからの専門家像を探りました。
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1211/index.htm

○泉英明さんの著書:
『都市の魅力アップ』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2425-8.htm
『住民主体の都市計画』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3172-0.htm

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□『地方都市の再生戦略』出版記念セミナー@京都
                報告:川上光彦、木谷弘司さん
日時:13年6月1日(土曜日)
   13時30分開場、14時開演〜16時30分頃まで
場所:京都/学芸出版社3階
会費:1000円、定員70名(先着順)
詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1306kawa/index.htm

まちづくりの「まち医者」〜これからの専門家像を探る(セミナー記録公開)

◎〔記録公開〕2012年度第9回都市環境デザインセミナー
  まちづくりの「まち医者」〜これからの専門家像を探る
  泉 英明
  2012.11.29/大阪

 専門医ではなく、まちの様々な健康問題に対応し、普段から継続的に話をして治療のみでなく予防やリハビリも手がけ、必要な専門性を判断し最先端医療との橋渡しを行うような存在が「まちづくりの町医者」です。
 全体の関係性の中で地域が自らの力で元気になるプロセスにプロとしてどう関われるのか。これからの専門家像を探りました。
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s1211/index.htm

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎2013年度 第21回都市環境デザインフォーラム・関西
      都市環境のコンバージョン
      残すもの、変えるもの、そのシカケとは
・日時:5月25日(土) 14:00〜17:00
・場所:キャンパスポート大阪ルームD+E(大阪駅前第2ビル4階)
・参加費:都市環境デザイン会議会員無料/会員外1000円/学生500円
詳細はこちら
http://www.gakugei-pub.jp/judi/forum/forum21/index.htm

*************************************************

東日本大震災復興まちづくり最前線(大西隆ほか編著)
http://bit.ly/X9aDlM

屋外広告は都市ブランドを創造するか?(5.24東京)

◎「屋外広告は都市ブランドを創造するか?」
JUDIプロジェクト・中間合評会のお知らせ

 先進的な景観行政で注目を集める京都市歴史的市街地を調査対象地区とし、都市ブランドの創造に貢献し、都市の活力を呼び起こす屋外広告物や店舗のあり方を研究し提案することを目的としたプロジェクトの中間合評会を開催します。
 2007年の新景観条例施行以来、不適格看板の撤去など京都市の屋外広告物規制は着々と成果を上げています。今後、求められるのは、地域住民・事業者とともに細かなエリアごとの望ましい都市ブランドを探り、ブランド力を高めるような屋外広告物や店舗のガイドラインを具体的に提示したいと考えています。

日 時 5月24日(金)14:30より
場 所 新宿・竹林閣(東京都新宿区新宿5-14-3有恒(ゆうこう)ビル6階)
新宿駅東口から徒歩15分 http://goo.gl/maps/mK3dI

14:00 受付け、開場
14:30 開始(定員25名)
  地域紹介「対象4地区の概要」中村伸之(関西B)
  提案1 「ガイドライン案1」(関東チーム)
  提案2 「ガイドライン案2」(関西チーム)
  問題提起「屋外広告を巡る状況と可能性」高橋芳文(関東B)
  コメント 宮沢功(関東B)、藤本英子(関西B)
16:10 議 論 40分 本日のまとめ
17:00 終 了

18:45から20:00 歌舞伎町ディープツアー(定員20名)
20:00から懇親会

参加費:中間合評会500円、歌舞伎町ディープツアー500円
主 催:都市環境デザイン会議/屋外広告PT
共 催:NPOストリートデザイン研究機構
NPO京都景観フォーラム
HPから申込みできます。
http://www.street-design.org/2013/0501165930/

□関西での発表会
 都市環境のコンバージョン〜残すもの、変えるもの、そのシカケとは
 5.25大阪で中村さんが「京都市屋外広告の報告」を行います。
http://www.gakugei-pub.jp/judi/forum/forum21/index.htm

◎学芸の本棚
『市民のための景観まちづくりガイド』(藤本英子 著)
 基本から実践まで。行動するためのテキスト
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2539-2.htm